fx口座

米雇用統計とは?ファンダメンタルズ分析で外せない米雇用統計を解説

FXをする上でとても重要な指標、米雇用統計。これの内容によって基軸通貨ドルが大きく変動することがあります。ひょっとしたら、ニュースや新聞で雇用統計情報を目にしたことのある人もいるかも知れませんね。ですが、詳しい内容までは知らないと言った人も多いと思います。今回は、FX初心者こそ抑えた米雇用統計について解説します。

そもそも、米雇用統計とは?

そもそも、米雇用統計とは何なのでしょうか?

こちら、米労働省から毎月第一金曜日に公開される数字となります。
雇用の状況からアメリカの景気を推測する指標であり、月初に公表されることからも、その月の大きなトレンドに影響を与える数値となるのです。

FXにおいては、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の大きく2つの分析手法が存在しますが、米雇用統計はファンダメンタルズ分析に当たる項目となります。

尚、ファンダメンタルズとは、経済が変動する基本的な条件の全てを指します。
主だったところで言うと、米雇用統計は勿論、経済成長率や物価上昇率などがそれに該当します。

米雇用統計が市場に影響を与えるケース

米雇用統計は一つの指標でしかありません。
上がることもあれば下がることもあります。
では、どのような場合に、マーケットに対して大きな影響を与えるのでしょうか。

これは、事前のアナリスト予想値の通りになったかどうかで、大きく変動するのです。

例えば、事前の予測に対して米雇用統計が大きく下回った場合、予想よりも雇用が低いことから分かりやすく不景気と判断され、投資家は米ドルから比較的硬いと言われている日本円に逃げる可能性が高いのです。

ですが、米雇用統計が下がったとしても事前のアナリスト予測と大きく乖離をしていなければ、予測範囲内と言うことでマーケットも静観することが多々あるのです。

米雇用統計は注視が必要!

と言うことで、ここまで米雇用統計について紹介してきました。

ご案内しました通り、ファンダメンタルズ分析において、その月の一番最初の方に公表される経済指標となるため、とても注目度の高い情報となります。

また、当然上がったり下がったりと変動のあるものなのですが、上がったから良い・下がったから悪いと言うわけでもなく、事前のアナリスト予測との相関関係でマーケットが反応するものなのです。

これらの理由から、FXトレーダーは米雇用統計を注視しています
FX初心者であっても絶対に無視出来ない指標となりますので、ウォッチするようにしましょう!!      
初心者に選ばれている定番FX口座を比較
外為オンライン

外為オンライン

DMMFX

DMMFX

FXブロードネット

FXブロードネット

口座開設数
二重丸-橙

約53万口座

二重丸-橙

約70万口座

三角-青

約17万口座

手数料のやすさ
(スプレッド)
丸-青

ドル/円 1.0銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.2銭

二重丸-橙

ドル/円 0.2銭

サポート体制
二重丸-橙
丸-青
三角-青
初心者向け度
二重丸-橙
丸-青
丸-青
キャッシュバック

最大150,000円

20,000円

最大20,000円

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
閉じる
FX会社人気ランキングを見る
初心者に大人気!
外為オンライン